ファイナンシャルプランナーの資格とは

国家資格と民間資格を一挙に取得!?

ファイナンシャルプランナーの資格と一口で言っても、いくつかの種類が存在しています。
日本におけるFP資格の歴史を紐解くと(と言ってもそれほど古いものではありませんが)、1987年に日本FP協会が認定する民間資格として誕生し、
2002年には国家資格ができたのだそう。
現在では、試験を行っている機関が『金融財政事情研究会(きんざい)』と『日本FP協会』の2つがあって、資格自体も国家資格とされている1~3級FP技能士と、民間資格とされているAFP、CFPが並立しているという複雑な状況となっています。
どの資格を受験するを決める前に、まずは資格の概要について勉強してみましょう。
分かりやすくするために、表でまとめてみました。

現在のファイナンシャルプランナー資格

 

資格

指定期間

国家資格
(厚生労働省が管轄)

・FP技能士

(1級~3級)

・金融財政事情研究会
 (きんざい)
・日本FP協会

民間資格
(日本FP協会認定)

AFP

(国内ライセンス)

CFP

(国際ライセンス)

 

・日本FP協会

 

FP資格に関する注意事項として、以下の2つのことが挙げられます。

  • きんざいでは、FP技能士の1級から3級までを受検できるが、
    日本FP協会では1級と2級だけしか受験できない。
  • FP技能士資格は一度取得すると生涯有効となるが、AFPとCFPは、
    取得後も2年ごとに更新し(継続教育を受けて)、更新料を支払う必要がある。

2002年に国家資格のFP技能士が誕生し、民間資格と並立するようになってからも、
証券会社や保険会社など、一部の銀行などを除いた金融関係の企業では一般的に、
AFP・CFPの資格が有効だと言われています。
それらの企業にお勤めの人や、就職・転職を希望している人は、
まずはAFP取得を目標としていくとよいのではないかと思います。

>>無料教材のご注文はこちら<<